FC2ブログ

Home > 未分類 Archive

未分類 Archive

Craft Market & Workshop【年年歳歳2019】Photo report

  • Posted by: DIGINNER
  • 2019-12-30 Mon 13:16:31
  • 未分類
nennen1.jpg

今年も「年年歳歳2019」無事に終えることができました。
それも偏に、スタッフと参加者の皆様、そして我々を支えてくださるお客様のおかげで、毎年とても楽しくその年を締めくくることができております。本当に有難うございます。

期間中に収めた写真をずらーっと並べましたのでご覧ください。様々なワークショップも企画して、参加者の皆様には喜んでいただいております。
来年も必ず開催しますので引き続きご興味のある方は是非ご参加ください。

nennen2.jpg

nennen3.jpg

nennen4.jpg

nennen5.jpg

nennen6.jpg

nennen7.jpg

nennen8.jpg

nennen9.jpg

nennen10.jpg

「株式会社 鳥」による「肩チュンbird」をつくるワークショップ  2019/12/15(日)

nennen11.jpg

nennen12.jpg

nennen13.jpg

nennen14.jpg

ミスミノリコさんの「はじめてのダーニング・ワークショップ Vol.5」2019/12/17(火)

nennen15.jpg

nennen16.jpg

nennen17.jpg

nennen18.jpg

Acchi Cocchi Bacchiの「世界を旅するバッチづくり Vol.6」2019/12/21(土)

nennen19.jpg

nennen20.jpg

nennen21.jpg

nennen22.jpg

杉本薬局「漢方-お屠蘇のつくり方」2019/12/22(日)

nennen23.jpg

nennen24.jpg

nennen25.jpg

nennen26.jpg

nennen27.jpg

nennen28.jpg

Special Thanks to: OKKO YOKKO(イランの靴下)/ 吉田慎司(中津箒)/ CUCU(アクセサリー)/ うつわやsummer(陶器)/ Tsuyoshi Sasaki(木工)/民芸かりん(注連飾り)/LITMUS(藍染)/ Niyya(Prayer mat)/ 杉本薬局(WS)やまくに(いりこ)/可笑しなお菓子屋kinaco(シュトーレン)/メシカシー(クッキー缶)/株式会社 鳥(物販・WS)/ミスミノリコ(WS)/Acchi Cocchi Bacchi(WS)

nennen29.jpg

今年も一年、格別のご愛顧を賜りまして、厚く御礼申し上げます。
DIGINNER GALLERYは2020年を持ちまして、設立10周年を迎えます。
来年も、皆様により一層満足していただけるような企画を考案してまいりますので、変わらぬご愛顧のほど、どうぞよろしくお願い致します。

弊廊の年末年始の休業期間は下記の通りです。
12月30日(月)~ 1月7日(火)

新年 1月4日(土)、5日(日)は広島県大竹市の「Plus Good Day」さんにてポップアップ・ストアです。
DIGINNER GALLERYは1月11日(土)よりトヨダノリコ個展「カオス・ドローイング」を開催します。

詳しくはギャラリーHPやFacebook、インスタグラムをご確認ください。

2020年も皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。


大島梢 展【Under the Sun】

  • Posted by: DIGINNER
  • 2019-12-21 Sat 17:46:13
  • 未分類
kozue1.jpg

kozue2.jpg

kozue3.jpg

kozue4.jpg


kozue5.jpg


kozue6.jpg

kozue7.jpg

kozue9.jpg

kozue8.jpg

先日まで行われていた大島梢さんの個展のレポートです。

ご覧の通り、とても高い技術と構図のバランスで素晴らしい作品の数々を発表していただきました。

類稀なデッサン力は想像を超える根気を伴って培われてきたことが頷けます。

数年前から趣味で始めたマラソンは、その根性で来年の大阪女子国際マラソンの資格まで得てしまうという結果。

最近では登山にも夢中で、来年はマラソンで得た基礎体力を元に本格的に登山を始めるそうです。

やはり実際経験して見て、触れて、吸って、嗅いで感じたものは絵を描くときに大変役に立つようで、これまで資料を見て構成してきた作品とはかなり異なる出来になります。今後の作品にもかなりプラスになりそうです。

大分久しぶりとなる個展ではありましたが、毎日沢山のお客様が訪れ、ご本人も大変喜ばれておりました。

コレクター様から新規のお客様まで、沢山の評価と共に作品も新たな場所へ旅立って行きました。

大島さんも確実に自信を得て、次の作品づくりの意欲が湧いたようです。

またいつか大島さんの新作を発表できたらと、今から楽しみにしています。












伊藤佳美【日めくりカレンダー2020】原画巡回展

  • Posted by: DIGINNER
  • 2019-12-18 Wed 13:16:06
  • 未分類
日めくり1


日めくり2

日めくり3

日めくり4

日めくり5

日めくり6

日めくり7

日めくり8

日めくり9

日めくり10

日めくり11

日めくり12

日めくり13

日めくり15

日めくり16

日めくり17


伊藤佳美「日めくりカレンダー2020 原画巡回展」2019/11/22(金)〜12/1(日)

連日沢山のお客様に恵まれた充実の10日間、ご来場頂いた皆様には大変感謝しております。

また本展示会に携わっていただいた方々
晴れ間がのぞく(山の刺繍アイテム)/ Rebuilding Center JAPAN(古道具)/ awaia(アンクルウォーマー)/ YETINA(ウェア)/ ヨロコブペールエール(クラフトビール)/ アベクミコ(お食事)/ yori(コーヒー)/ つきとかぜのドーナツ わ(ドーナツ)/ 飯坂大(写真家)などなど、忙しい中時間を割いて協力してくれた錚々たるメンバーにも大感謝です!

「日めくりカレンダー」は独自の画風で描かれた伊藤さんのイラストが、一枚一枚、366日分(閏年)お楽しみいただけます。
2年前から始めたこのプロジェクトも年毎に人気が増し、今回のカレンダーには総勢200日分のお客様のリクエストに答えて、ショップさんや、知人、友人などそれぞれの記念日が描かれております。

本展示会を通して初めて知ったお客様も、再来年の記念日の予約をされたりして、自分のためなのか、恋人や家族のためなのかは分かりませんが、とても嬉しそうに期待を膨らませて注文されていたのが印象的でした。

期間中は美味しいタイカレーのお弁当やコーヒー、ドーナッツ、クラフトビールなどの販売もあったり、会場2Fでは物販エリアを設け、様々なアイテムやグッズも販売しました。
そして写真家 飯坂大 氏を招いたトークショーも行ったりと、充満した内容で終えることができました。

次回は2021年の2月頃に新たな企画を考えております。
引き続き 伊藤佳美 の応援をお願いします!







高瀬きぼりお絵画展【キャンバスを絵の具で塗りました。】

  • Posted by: DIGINNER
  • 2019-12-02 Mon 17:25:10
  • 未分類
きぶろぐ1

きぶろぐ5

きぶろぐ4

きぶろぐ3

きぶろぐ2

きぶろぐ6

きぶろぐ7

きぶろぐ8

きぶろぐ9

きぶろぐ10

きぶろぐ11

きぶろぐ12

きぶろぐ13

きぶろぐ14

きぶろぐ15

高瀬きぼりお絵画展にお集まり頂いた皆さま有難うございました。

きぼりお氏の作品をギャラリーという真白い空間にハメていくと、改めて作品の崇高さに心が揺れた。

内容的観点から見ても、作品自体に込められた想いなどは特に感じないし、技術的にも特段大したことはしていない。

例えば、紙粘土の作品は、画材屋に並ぶ素材そのものを利用する。

同じ紙粘土と思いきや、商品として陳列する中で、何日もかけてあらゆる人々が触ることで生まれる多様な形状は、既に固有な立体物として成り立っている。

それら一個一個を識別性の高い鮮やかな色で配色し、等間隔で配置するだけ(順番も重要)で、とても気高い印象を持ち帰ったのは私だけではなかったはず。

キャンバスをただ鉛筆で擦って描かれた作品は、鉛筆が木枠に当たることでキャンバスの支持体が画面に浮かび上がる。
表を描いていたら裏を描いていた。笑

会期中きぼりお氏に会いに様々な人がやってきて、作品に対しての意見も様々。

作品の見方なんてのは千差万別で、きぼりお氏の思い通りの回答なんて返ってくることはほぼない。寧ろ難解で困っている人の方が多かったように思う。

それでも氏は必ず何かを聞き出しては「面白い、面白い」と本気で頷いている。

それは作品を生むときの着想と近いなと感じた。きっときぼりお氏はキャンバスに向かって「どおしてほしい?」とか聞きながら色を塗っているんだろうなぁとも思った。

疑問から行為に、意図せず向かう道中で出会う嬉しい発見。それほど肩の力が抜けた状態で見つけた美しい作品を観せられたら、内容や技術的観点なんて必要ないなと思わせてくれた展示だった。

次回のきぼりお氏の絵画展@DIGINNERは2021年。

また多くの疑問から新たな美の個体が生まれるんだろうなぁ。楽しみ!!











Lui Araki写真展【Stolen Moments】

  • Posted by: DIGINNER
  • 2019-11-12 Tue 20:13:57
  • 未分類
stolen1.jpg

stolen18.jpg

stolen2.jpg

stolen3.jpg

stolen4.jpg

stolen7.jpg

stolen8.jpg

stolen9.jpg

stolen10.jpg

stolen11.jpg

stolen12.jpg

stolen13.jpg

stolen14.jpg

stolen15.jpg

stolen16.jpg

stolen5.jpg

stolen17.jpg
[All color photo by Healthy]
Copyright © 2019 DIGINNER GALLERY. All Right Reserved.

荒木塁 写真展「Stolen Moments」のフォトレポートです。

昨年に引き続き、1年ぶりの本展は連日沢山のお客様に足を運んでいただき、作家共々大変感謝しております。

本展では昨年とは異なる試みをいくつかさせていただきました。

展示作品は昨年よりも大幅に減らし、一つ一つの作品をじっくりとご覧いただくようサイズや作品同士の間に注意を払いました。
自宅で行う手焼きプリントには現像サイズに限界があるので、最大の作品はジークレープリントを用い、Lui氏が手がけるプリントの色相と相違ない工夫で、空間演出に効果を与えました。

今回Lui氏と選んだ作品は、これまで氏が訪れた海外の風景写真を主に、2011年〜2019年の間撮り貯めた中から厳選しました。

風景写真と言っても、特に動きのあるオブジェクト、例えばスケーターが写っている作品を多めに、構図の中で動く人物と背景の関係性、色の質量や、平面構成がよく整った、これこそLui氏の作品と特徴付けるものばかりを展示しました。

また、社会に放置された闇の部分や、ホッとできる日常風景などもスケーターとして、穏やかで謙虚なLui氏だからこそ捉えることのできる作風でしょう。

今回作品をご購入いただいた皆様、またご注文いただいた皆様誠に有難うございました!

本展の巡回展を行える地方のギャラリーを探しております。
もし本企画展にご興味のある会場ございましたら、是非ともお声掛けください!

Mail: contact@diginner.com


引き続き荒木塁氏の応援をお願いします!







Index of all entries

Home > 未分類 Archive

Tag Cloud
Search
Links
Feeds

Return to page top