fc2ブログ

Home > 未分類 Archive

未分類 Archive

SONY SUZUKI【NO LOOK PASS】Photo report

  • Posted by: DIGINNER
  • 2022-02-06 Sun 12:28:04
  • 未分類
IMG_8755.jpeg

IMG_6147.jpg

IMG_8763.jpeg

IMG_8764.jpeg

IMG_8765.jpeg

IMG_8770.jpeg

IMG_8775.jpeg

IMG_8776.jpeg

IMG_8778.jpeg

65C7805B-1981-4096-B378-AB5A24E83655.jpg

A4AE691F-14D8-48E2-A214-D2BB776E6C0D.jpg

IMG_6164.jpg

IMG_6242.jpg

IMG_6244.jpg

IMG_8781.jpeg

2022年もSONYの展示かまします!!!

こうご期待!!




【MAGARA ART EQUIPMENT】by 鈴木司

  • Posted by: DIGINNER
  • 2021-11-02 Tue 13:05:55
  • 未分類
magara1.jpg

magara2.jpg

magara3.jpg

magara4.jpg

magara5.jpg

MAGARA ART EQUIPMENTと題した本作は、一見カラフルな図形が壁に並んでるインスタレーションに見えますが、実は一個体が焚火台として使用できます。造形家の鈴木司 a.k.a Nadeshiko Brooklynは麻柄の平面図を立体化することで、これまでに様々な家具や店舗什器、アート作品などを手掛けてきました。満を持して発表した本作品もやはり麻柄を基に製作しました。
壁に釘一本で飾れる本体は、ミニマルな曲線のみで表現された美しいヴィジュアルがお部屋の壁にあっても邪魔になりません。

magara9.jpeg

magara10.jpeg

magara11.jpeg

magara12.jpeg

本体は地上に置くことでローテーブルとしても、焚火台としてもご利用いただけます。
特に焚火台としては優秀で、細いフレームは鉄製で丈夫、空気の通りもよく燃焼効率に優れ、また子供でも運べるほど軽量です。すでに一部から高評価を得て、来年の春に渋谷PARCOでポップアップを開催する運びとなりました!
詳細は追ってギャラリーのインスタ等で発表します。Stay tuned!!

magara6.jpg

magara7.jpg

magara8.jpg

会場2Fの模様。

magara13.jpg

来年は何処かのキャンプ場でチラホラ見かけるようになるかも知れませんね。






大岡弘晃「それはいのち」後期インスタレーション

  • Posted by: DIGINNER
  • 2021-09-18 Sat 14:17:11
  • 未分類
いのち21

いのち22

いのち23

いのち24

いのち25

いのち26

いのち27

いのち28

いのち29

いのち30

いのち31

いのち32

いのち33

いのち34

いのち35
Photo by HEALTHY ©️2021 DIGINNER GALLERY

様々な場所に赴き、その土地特有の場を読み、得る「気」のようなもの。
それを取り入れて生まれる作品は、その場限り唯一無二のもの。

今年も各所で作品を発表し続けたことで、後期を迎える前にイメージが枯渇し、即興しようにも何もイメージが降ってこない。何か色濃く土着的な文化が残っている場所はないか?我々は急遽北海道のアイヌ村を訪ねることを決めた。
二日間で廻れる場所は限られている、我々は千歳空港から東西南北2時間圏内で行ける場所を巡った。
アルテピアッツァ美唄→モエレ沼公園→支笏湖→洞爺湖→オロフレ峠→登別海岸沿いを走って、今回の目的地であるアイヌ村が現存する平取町二風谷に到着した。

アイヌ文化博物館を観覧した後、斜向かいに位置するアイヌ村コタンを案内してもらい(経緯は省略する)幸いにも、実在するチセ(アイヌの伝統的な住居建築)の中へ入れてもらえた。電気を使わないので昼間でも真っ暗、そこでは毎月二回カムイへお祈りを捧げる義式が行われるそうで、中央に炉があり、熊の皮が敷かれ、周りにはチセ、その他の祭祀具が無造作に並んでいた。さっきまで博物館でショーケースに入っていたコレクションが、そこでは煤に覆われ、なんだかとても生々しい。大岡は灰の中に手を入れたり、熊の毛を摩ったりと、あらゆる方法で場読みを行っていた。ここに着くまでに辿った場所でも手応えはあったようだが、ここではそれを超える確かな「気」を得たようだ。

場読みに成功した大岡は残りの三日間で一気に制作に取り組んだ。1日は下地づくりに費やしたので、実質2日間で一気に仕上げたのである。
外気温が25度を下回る肌寒い雨の日に様子を伺いに行くと、ギャラリーの中は熱気で満ちていた。空調は23度、普段なら寒く感じるはずがまるでサウナにいるかのよう。
すべてを出し切った本人は、憔悴した状態でボーッと作品を眺めている。体中に飛び散ったインクが返り血のようにも見えて、なにかを解体し終えたブギーマンのようにも..

展示会が始まると、会場吹き抜けにランダムに吊るされた色々の布が迎えてくれる。
ぶつかり合い、溶け合い、混じり合い、繰り返し破壊される色の束。表も裏もそれぞれの表情で語りかけてくる。
また今回は石膏を用いた作品も多く手掛けた。会期終了までに仕上げる予定であった熊のカムイを表現した石膏作品は、残念ながら仕上げることはできなかったが、年内には完成する予定なので機会があれば是非ご覧いただきたい。

このように、期間中は毎日制作しながら、徐々に作品を増やしつつ、階段から2Fまで構築していったので、何度も足を運んでくれたお客様には大変感謝しています。
後期インスタレーションは、来年3月宮崎県立美術館にて行われる展覧会の礎となり、より凄まじいスケールとなって披露されることでしょう。
このような展示はギャラリーとしても今後中々できないので、アーカイブ資料として冊子に纏める事にしました。
月内には完成予定で、小部数ですが、来月のポップアップやオンラインショップ等で販売する予定です。
また進捗ありましたらギャラリーのインスタなどで発表いたします。

最終日、巨大クラッカーを放ってお祝いしました。「生まれてきてくれてありがとう。」

大岡弘晃 個展「それはいのち」ご来場いただき誠に有難うございました。



管理人 鈴木






大岡弘晃【それはいのち】前期 Photo Report

  • Posted by: DIGINNER
  • 2021-09-03 Fri 15:31:37
  • 未分類
いのち1

いのち2

いのち3

いのち4

いのち5

いのち6

いのち7

いのち8

いのち9

いのち10

いのち11

いのち12
関連イベントの動画はこちらをクリック。

いのち13

いのち14

いのち15

いのち16

いのち17

いのち18

いのち19

いのち20
©️2021 DIGINNER GALLERY
.
.
.
.

オンラインショップはこちらをクリック。


笑達・河合悠 二人展【ほ  ろ】

  • Posted by: DIGINNER
  • 2021-08-22 Sun 13:09:10
  • 未分類
ほろ1

ほろ2

ほろ3

ほろ4

ほろ5

ほろ6

ほろ8

ほろ9

ほろ10

ほろ11

ほろ12

ほろ14

ほろ15

ほろ16

ほろ17
©️2021DIGINNER GALLERY

ほろ=母衣 と書きます。
武士が鎧の上に覆う幌を思い浮かべますでしょうが、一方で胎盤という意味を持つそうです。
今回の展示タイトルの「ほ ろ」は後者。
火は風と、土は水と共にあり、つまり無数のエレメントの現れが土や火になっていると二人は言う。我々は母衣に包まれていた時も、地球に包まれて息をしている時もまた、無数のエレメントによって成り立っている。
二人の共通点は土を使って絵を描き、土で覆った蝋燭に火を灯す。
自然からいただく大いなる力に敬意を持って昇華する二人の作品に説明は要らない。

期間中行った「夏至の会」では、河合悠が詩を詠み、笑達が大型の蝋燭に全身を使って描いていた。
蝋燭の揺らぐ灯りがまるで生命の炎のような、そんな印象を受けたのは、彼が愛でるように蝋燭を摩って描いていたからであろう。
ここに河合悠の詩を記しておく。


わたしたちが まだ なにものでもなかったころ
なまえで よばれ
わたしたちを つつんでいた わたしたちは わからないままに
すべてをしっていたし また せかいも わたしたちのことを しっていた
わたしたちが このせかいにやってくるとき
まっかな みち(未知)をとおって まっしろのせかいに おりたった
そのせかいでは 光と闇は べつべつの なまえで よばれ
心と体も べつべつの なまえで 
よばれるようになった

火は
闇のふかさを おしえてくれる
わたしたちは 火をみながら 闇をみている
闇は わたしたちから ことばをうばい
ちんもくの せかいへと つれてゆく
ちんもくの せかいできこえるのは じぶんの
しんぞうの おと
その おとは まだ わたしたちが なにものでも
なかったころの きおくへと つながっている

闇を おそれては いけない
ちいさな くもが いう
闇を おそれては いけない
ふりつづける あめが いう
闇を おそれては いけない
アスファルトの すきまからはえる ざっそうが いう
闇を おそれては いけない
さんさんと ひをあびて ふかふかになった せんたくものが いう
闇を おそれては いけない
闇を おそれては いけない

わたしたちは 火のうたで おどり
闇の こもりうたのなかで ゆめみる

                           詩 河合悠


世の中の現状に在り、あらゆる面で闇と捉えがちですが、闇がなければ光は生まれません。
闇然な闇路を闇雲に進んでるようですが、いつかの光を求めて歩み続けましょう。

ご来場いただいた皆さま有難うございました。






Index of all entries

Home > 未分類 Archive

Tag Cloud
Search
Links
Feeds

Return to page top