Home

Dig it up!!

Andrew Curry

  • Posted by: DIGINNER
  • 2017-07-14 Fri 14:38:31
  • 未分類
ごきげんよう。

皆様は写真家Andrew Curry(アンドリュー・カリー)をご存知でしょうか?

IMG_0499.jpg

彼と初めて出会ったのは今から2年前でした。

ウチで行っていた企画展に来場してくれたのがきっかけで知り合い、当時彼はブルーボトルコーヒーの日本進出でバリスタとして赴任されて来ました。

彼は仕事の傍ら写真を昔から撮り続けていると言い、彼の写真を見せてもらうと、そこには素敵な写真が沢山ありました。
彼の写真は被写体をあるがままに捉え、静けさや、哀愁漂う雰囲気をカメラに収めます。

アメリカ・フロリダ州にあるビーチタウンで育ち、長年スケートボーダーとして過ごしてきたAndrewは、写真を撮る目はスケートボードによって養われたと信じており、「スケートボーダーは、絶えず周囲に目を配ってモノを再解釈し、自分のものにしようとしていて、その場にある可能性について常に自身に問いかけている。」とAndrewは言います。

仕事の都合でAndrewはフロリダから西海岸に引越し、ロサンゼルスで映画とTVのポストプロダクションの仕事をしました。それと同時に、ベニスビーチやイーストロサンゼルス、それからサンフランシスコ・ベイエリアを歩いて周り、写真を撮りながら彼独特の撮影スタイルを作り上げ始めました。

ハイスクールの頃にとても影響を受けたWon Kar Wai(ウォン・カーワイ)監督の香港映画から駆り立てられ、更に日本の映画やデザイン、哲学などに興味を持ち、遂に日本まで辿り着きました。
そして来月の8月5日(土)から、いよいよ彼の初写真展をDIGINNER GALLERYで開催する運びとなりました。

彼にとっても、ギャラリーにとっても未知数ではありますが、是非皆様に見ていただき、記憶に残る写真展になることを目指します。期間中はオープニングレセプションを始め、他にもワークショップなどを行う予定です。
ギャラリーのFacebookページで随時情報を更新しますので、是非チェックお願い致します。↓

DIGINNERホームページ

Facebook


【大えすう展】

  • Posted by: DIGINNER
  • 2017-06-20 Tue 16:51:44
  • 未分類
大えすう展フライヤー1

essu1.jpg

essu2.jpg

essu3.jpg

essu4.jpg

essu5.jpg

essu6.jpg

essu7.jpg

essu8.jpg

慧数 【大えすう展】

日時:2017/6/17(土) – 7/2(日) /月曜休廊
12:00 – 20:00/最終日17:00迄
会場:DIGINNER GALLERY WORKSHOP
〒152-0035 東京都目黒区自由が丘1-11-2
☎︎ 03-6421-1517 MAIL contact@diginner.com
facebook: www.facebook.com/Diginner

展示会はまだ始まったばかりです。
画像で伝える事が困難な作品ばかりなので、是非一度足を運んでいただけると嬉しいです。
宜しくお願い致します。




SONY SUZUKI 個展【Like A Delightful Hell On Earth】

  • Posted by: DIGINNER
  • 2017-05-28 Sun 18:52:21
  • 未分類
sony.jpg

sony14.jpg

sony15.jpg

sony3.jpg

sony5.jpg

sony4.jpg

sony2.jpg

sony13.jpg

sony12.jpg

sony6.jpg

sony7.jpg

sony8.jpg

sony9.jpg

sony10.jpg

sony11.jpg

sony1.jpg

SONY SUZUKI(ソニー・スズキ)個展は残すところ一週間となりました。
初日からたくさんのお客様にお越しいただいて、作家も大満足しております。最終日まで突っ走る決意なので引き続きどうぞよろしくお願い致します。
画像はオープニングパーティーと、昨日27日(土)に行われたトークイベントの模様です。
初日は友人、知人、初見の方々、ギャラリーに集うお馴染みの面子など様々な顔ぶれが一堂に会す盛況な会となりました。
SONYが表現する青春のエネルギーに触発されたかのように、皆様の子供のような笑顔をたくさん頂きました。
当初から記録よりも記憶に残す展示会にすると、気炎を上げていたSONYの想いは見事に通じたように思います。
昨日は期間中第2回目のイベントとして、トークイベント「へらDJ とくさんドラさん:釣りと芸術」を開催しました!
「世界の怪魚釣りマガジンⅠ~Ⅴ(地球丸)を編集する怪魚ハンタードラさんこと望月 俊典さんを招いて、へらDJの由来や、「釣りと芸術?」一聞謎の関わりをSONYとドラさんが具体的にお話ししてくれました。
個人的にも一番楽しみにしていたそのイベントも、たくさんのお客様に集まっていただき、SONYの弁舌に優れたトークに終始爆笑し、ドラさんの超越的なヒストリーは映像と交えてお話ししていただきました。結果かなりぶっとんだイベントなり、集まったお客様の記憶には深々と刻まれたことでしょう。
さて、展示会はまだ続きます、未だご鑑賞されてない方はこの機会に是非お越しいただけると幸いです。そして最終日は夕方からクロージングパーティーを行います。ゲストにBLUES NO MORE!!!(www.bluesnomore.com/)を招いて、LIVEを行っていただきます!詳細は改めてギャラリーFacebookページ(イベント詳細欄)で告知しますので、ご興味のある方は是非そちらをご確認ください。

BLUES NO MORE!!!

Facebook:SONY


引き続きよろしくお願いいたします!

POP-UP STORE & WORKSHOP【てまえみそ】展

  • Posted by: DIGINNER
  • 2017-05-09 Tue 13:08:07
  • 未分類
手1

手2

手3

手4

手5

手6

手7

手8

手9

手10

手11

手12

手13

手15

手16

手17

手18

手19

手20

4月27日から10日間開催した【てまえみそ】展は無事に終了しました。
お越しいただいたお客様には誠に感謝申し上げます。

DIGINNERでは年に2度このようなショップ形態で、つくりてさんとお客様を繋ぐ場を設ける展示会を行っております。
今回も連日たくさんのお客様にご来場いただき、終始楽しく、賑やかに終えることができたことを関係者一同嬉しく思っていると共に、また新たな課題も見つかり、こちら側の拘りとお客様が求める品揃えを再度研究し強化していこうと思いました。
今回参加していただいたOKKO YOKKOさん、HAOCHI BOOKSさんやSOLOLAさんは、海を越えてタイ、台湾、西アフリカと現存する部族がつくる藍染布や刺子のバッグなどを現地で買付けて販売されました。国産製品とのデザイン、品質、価格など具体的に比較することができ、お客様も手にとって考えることで、一期一会を楽しまれていたのが印象的でした。
購入後お客様が「一生大事にします。」と言ってくださるのはとても嬉しいものです。

期間中行ったワークショップは、特にお客様自身に作っていただいて、作ることの楽しさや、大変さを知っていただくことで、ものづくりへの愛情がさらに深まったのではないでしょうか。
また次回も皆様で楽しめるワークショップを企画致します。

ギャラリーでの物販展は今年12月に行う「年々歳々2017」まで一先ずお預けとなりますが、今週末5/12〜14日まで愛知県蒲郡で開催される[森、道、市場2017]に出店します。
そして、9月の第一週目からギャラリーにて今回参加された SOLOLAさんの「大西アフリカ展(仮名)」を開催します!
詳細は後日ギャラリーHP, FB, Instagramなどで発表しますので引き続きチェックお願いします。

Chao!







Pum exhibition【STONE TIME TOUCH】Photo report

  • Posted by: DIGINNER
  • 2017-03-27 Mon 12:49:06
  • 未分類
b-top.jpg

s-8033.jpg

s-8039.jpg

s-8028.jpg

s-8023.jpg

s-6226.jpg

s-2.jpg

s-6230.jpg

s-6234.jpg

s-8072.jpg

s-4.jpg

s-8114.jpg

s-8141.jpg

s-8134.jpg

s-8173.jpg

【all photos were taken by Nao Yoshitake】

先日行われたPumのインスタレーション・ショーの模様です。

お越し頂いた皆様には誠に感謝申しあげます。

石に摸したキャンドルを灯し、時間を経て形が変化していく様を、ゆっくりと感じ取れるよう、星と大地の間に訪れたかのような空間を意識して表現することができました。

10日間と短い期間でしたが、素晴らしい時間を与えてくれたPumの二人にも感謝です。





Index of all entries

Home

Tag Cloud
Search
Links
Feeds

Return to page top