FC2ブログ

Home

Dig it up!!

【Spring, Color and Garden】by Mojgan Jahanara

  • Posted by: DIGINNER
  • 2019-05-06 Mon 18:48:53
  • 未分類
moj1.jpg

イランのテキスタイルデザイナーMojgan Jahanara(モジュガン・ジャハンアラ)氏の東京初個展を開催しました。

当ギャラリーは普段から現代アートを主に、新進気鋭のアーティストの作品(平面作品が多い)を発表していますが、それとは別に、設立当初からクラフト系作家さん達の作品も多く取り扱ってまいりました。ギャラリーでは年に数回のペースで合同展を催し、以外は各種イベントや催事等でポップアップ・ストアとして「ものづくり」の魅力を伝えております。
そうした中、様々なクリエイターやショップさんを介して、これまで沢山の素晴らしい作家さん達に出会ってまいりました。
モジュガン氏もその一人です。

moj5.jpg

世界中どの国でも素晴らしい伝統と文化がありますし、それらを引き継ぐ必要がございます。
技術をただ引き継ぐだけでは、当時の風合い、老朽の美しさなどはどうやっても表現できません。しかしモジュガン氏のようにイラン独自の伝統模様(ペルシャ文化)を日々研究し、それらを用い自身のフィルターを通して新たな作品へと昇華させている、それは古いものが持っている内容のうち積極的な要素が新しく高い段階として保持されているのです。

moj2.jpg

moj4.jpg

moj3.jpg

アジアの伝統衣装の研究によって制作された上画像の作品は、インドのラクナウにあるSEWA(女性自営社協会)によって行われた刺繍で、インドでは「チッカンカリ」と呼び、イランでも長い歴史がありますが、イラン革命などの事情によって継承者がほぼいないようです。

moj.jpg

moj6.jpg

本展会場2Fで販売していたゼロ・ウェイスト・デザインという呼称の衣は、アジアの伝統に基づき、元来の裁断型に見られる最小限の裁断方法を用い、シンプルなラインを意識した新しいデザインです。
真夏でもそっと羽織れる薄手のインド綿は、絣のようなしっかりとした肌触りと、何よりも軽いのが特徴。
先に紹介した「チッカンカリ」よりも安価でお買い求めやすく、本展でもとても人気でした。
まだ多少の在庫がございますので、気になる方、なっていた方はギャラリー宛にお問い合わせください。

お問合せ先:contact@diginner.com

また6月2日(土)、3日(日)に西荻窪で開催されるイベント「茶散歩」にも出店し、モジュガン氏の衣類を販売致します。詳細は後日ギャラリーHPやFacebook、Instagramなどで更新します。

moj8.jpg

そしてモジュガン氏の次回の来日は6月の予定です。
今回大変お世話になりました自由が丘 岩立フォークテキスタイルミュージアムの岩立広子様には期間中何度も足を運んでいただき、貴重なお話、アドバイスを受けて大変助かりました。この場を借りて感謝申し上げます。有難うございました。
そして現在岩立ミュージアムで開催中の展覧会「生命の樹をめぐる」では期間中の6月18日にモジュガン氏の講演会「イランにおける生命の樹」が行なわれます。ご興味のある方は是非こちらも御覧ください。




株式会社 鳥【すずめ はじめて すくう】

  • Posted by: DIGINNER
  • 2019-04-20 Sat 19:28:46
  • 未分類
鳥1

株式会社 鳥「すずめはじめてすくう」 春分の日からの9日間、雀がギャラリーを巣くった。

鳥2

なんというシュールな光景?!
エントランスを占拠するのはスズメバルーンのビッグ・チュン。
そして通り行く人々の足を完全に止めるのである。(稀にダッシュで叩いて去っていく輩もいたが。)
ビッグ・チュンの横をなんとか通り抜けると、会場には様々な鳥(主にスズメ)グッズが!

鳥17

鳥8

鳥10

鳥21

鳥9

鳥3

鳥7

子供から大人まで楽しめる「肩チュンバード」の絵付けワークショップをやったり、鳥締役のスズメ社鳥と一緒に記念撮影したりと、買い物以外でも楽しめることが「メジロ」押しでした。
そして階段を上り二階へ向かうとそこには本展最高のインパクトを誇るバルーン作品 メガ・チュンがっ!!!!!!!

鳥15

高さ6m、全長12mの巨大スズメを、顔だけ膨らむよう加工してもらい膨らませてもらいました。
普段外で見かける雀は小さくてとても可愛いのですが、巨大になればなるほど、その無垢な顔から妙な恐怖を感じるものです。赤ん坊見たら逃げる猫のような...
これほどのインパクトを誇るメガ・チュンをメディアも放っておくわけがなく、最近ではいくつかのテレビ番組にトリ上げられたりと活躍中。
このように、スズメ社鳥はワークショップやパフォーマンスを通じて、野鳥の魅力を伝えるために日々活動しトリます。

鳥12

鳥13

鳥4

鳥14

鳥11

期間中は場所を等々力渓谷に移し野鳥観察会、題して「バード・チューニング」も行いました。
幸い三寒四温を免れ、素晴らしい天候に恵まれ、渓谷内は野鳥たちが大合唱で迎えてくれました。
因みに「バード・チューニング」とは、ただ野鳥を見て楽しむウォッチングではなく、野鳥の鳴き声や、鳴き方の種類と仕草など、より野鳥の周波数に合わせて気持ちをチューニングしていくことを楽しみます。途中スズメ社鳥によるマニアックな説明を介し、深く野鳥を理解していきます。今回はキジバト、ヒヨドリ、ムクドリ、メジロ、カルガモ、コゲラ、アオゲラ、シロハラなどを確認成功。私も初めて双眼鏡を覗いて野鳥を観察しましたが、もう数分口開きっぱなしでそこから動けなくなります。ファインダー越しに見る世界は、普段見ることができない距離で野鳥の仕草を確認することができ、改めてそのクリーチャーっぷりに感動!鳴き方の種類も様々で、イライラしていたり、警戒して仲間に合図を送ったりなど、普段絶対聞き取れない鳴き声の違いを教えてもらいました。先日友達がインスタのストーリーに上げていた「この鳥なんだろう?」という問いに、直様「アオゲラ!」と回答できたのはバード・チューニングのお陰です。

鳥6

鳥16

鳥19

最終日にスズメ社鳥のオリジナル・スズメキャラをトートバッグに自由に何個でも配置して刷れるという、ライブ・シルクプリントも実施。忙しい中快く引き受けてくれたsamsara printのスギちゃん、いつも有難うよ〜〜!

鳥20

そんなこんなで毎日慌ただしく過ごした怒涛の9日間を終え、また新たな場所を求めてスズメ社鳥は飛び立っていったのである。
株式会社 鳥は来年10周年を迎えるそうだ。現在更に大きいスズメ・バルーン「ギガ・チュン」の製作を進めている。
今後もあらゆる場所で巨大スズメに会う機会が増えそうだ、その時はただ叩いて走り去らずに、ゆっくりとスズメと他の野鳥の魅力を観察していってくださいね。

鳥5


チュン チュン

笑達 個展【桃始笑/ももはじめてさく】

  • Posted by: DIGINNER
  • 2019-04-14 Sun 13:25:06
  • 未分類
顔6

顔1

顔8

顔2

顔9

顔3

顔10

顔4

顔11

顔5

顔12

顔7

遅くなりましたが、先月行われた笑達くんの個展レポートです。

今年で2回目となった氏の展示会は、盛況に沢山のお客様にお越しいただきました。
期間中行った恒例の似顔絵会にはご家族、ご夫婦、カップルやお一人さまでご参加いただき、今年も沢山の笑顔を頂戴しました。ご参加の皆様、誠に有難うございました。
また次回お子様の成長や、ご結婚、新たな縁を迎えた際には、是非描いてもらいにいらしてください。

笑達くんはというと、最近地鎮祭を終えて、遂に家づくりに取り掛かっている模様。
昨年から地元の和歌山県に移住して、土地の整地から始め、その過程でより自然の恵みを身体で感じ、貰ったエネルギーを作品に注ぐ。本展示会で発表された新作は、似顔絵だけではなく、その土地を守る地主さん、農家さん、幼馴染、鎮座する大きな楠や、土、木、葉、風、光を素材とした抽象画など、氏の新たな可能性を見ることができた。

そして来年の春が訪れる頃、今年一年を通して笑達と川井有紗ご夫婦が蓄えられる生命の表現をご覧いただくことになるだろう。
私も時間を見つけて極力都会から離れ、自然に触れ、目一杯の太陽を浴びて、今から細胞に叩き込んでおこう。
その日を待ち遠しく想いながら。




木製家具受注展示会【clear tone】by Tsuyoshi Sasaki

  • Posted by: DIGINNER
  • 2019-02-24 Sun 14:56:49
  • 未分類
clear1.jpg

clear2.jpg

clear3.jpg

clear4.jpg

clear5.jpg

clear6.jpg

clear7.jpg

clear8.jpg

clear9.jpg

clear10.jpg

clear11.jpg

clear12.jpg

clear13.jpg

clear14.jpg

clear15.jpg

現在ギャラリーでは佐々木毅さんの木製家具受注展示会が開催中です。

材料調達、意匠及び設計、製作、販売、引渡しまでを一貫して行う佐々木毅さんの木製家具は、無垢の広葉樹を主に、素材の美しさを損なう事なく、シンプルな意匠と堅牢な作りで不特定多数のエンドユーザ様に高い支持を得ております。

定番のスツールや新作のダイニングチェアー、テーブル、デスク、スピーカー、ショーケース、その他にも額縁、カトラリー、トレーなど生活雑貨もご用意しております。

会場には材料となる原木の見本、そして仕口や指物の構造がわかるサンプルも展示してますので、家具の仕上がりに至るプロセスも楽しめます。

シャープなデザインを心がけ、でも強度と快適さを確保する事を第一に考え抜かれた佐々木さんの家具は、美しさと安心感が同居する一生お付き合いしていきたいモノばかり。万が一傷や、不具合が生じても、佐々木さんが常にメンテしてくれる事でも安心できます。

週末の土、日曜日はご本人が終日在廊されますので、本人の情熱や拘りを聞く事ができます。
この機会に是非お出かけください。

会期   2019年 2 / 16(土)~ 3 / 3(日)毎週 月、金曜休廊

時間   12:00~20:00/最終日17:00迄

佐々木毅「木製家具受注展示会」



年年歳歳2018

  • Posted by: DIGINNER
  • 2019-01-27 Sun 19:37:49
  • 未分類
年々1

バタバタしているうちに年が明けて1月ももう終わりに近づいている。
毎年恒例のクラフトマーケット「年々歳々2018」の総括をし終えてなかったことを思い出し、これで漸く今年のことだけに向き合える。

さて

「年年歳歳」という合同展も昨年で4回目となり、大分地に足が付いてきたような気がします。
そしていつもの顔ぶれに、新たな面子を加え、今回も楽しい2週間のイベントになりました。
お客様もこのイベントに合わせて遠方からお越しいただいたり、とても楽しみに待っていてくださった方もいたりと様々で、皆様目を輝かせて買物をしていってくださいました。

年々2

愛媛県宇和島、宮崎県高千穂の注連飾りは今年も大人気で、追加分も含めめでたく完売しました。今年も皆様に幸あることをお祈りします。

年々3

そして期間中行われたワークショップも盛況でした。↓

年々4

年々5

年々6

年々7

今回で3回目となったミスミノリコさんの「はじめてのダーニング・ワークショップ」では穴や綻んでいる大切な衣類をチクチク刺して素敵な刺繍模様に変身させる再生プロジェクト。
嫌な感じの穴ぼこが、まぁるい模様のデザインに変わりました。ご自身の手で繕うことで改めて愛着のわくものになりましたね。講師のミスミノリコさんはディスプレイ作家でもあり、会場2Fを毎回素敵にアレンジしてくれます。次回は5月のGWに開催予定です。

年々8

年々9

年々10

年々11

そして今回初の試みは常田朝子さんによる「金継ワークショップ」でした。
これが本当に面白い!
技術的なことを言えば、一回目で中々綺麗に仕上げることはできないなという感想。だから凄くやり甲斐があり、またやりたいと思う。次回は春頃開催できればなぁと思ってます。それまでに何か割れるかなぁ...

年々12

そして最後は毎年恒例の「お正月飾りづくり」by CuiCui。
今回も楽しく皆様思い思いのデザインに仕上げられていました、が、写真撮り忘れてしまった!残念ながら皆様の素敵なお飾りは紹介できませんが、毎年お子様と参加してくださる方や、初めて挑戦される方などで終始楽しく作業していただきました。手狭な場内で各々気を遣わせてしまい申し訳ありませんでしたが、懲りずに是非今年の暮れも参加していただければ幸いです。上の画像は私も作らせていただいた「根曳き松のお飾り」です。

年々13

「年年歳歳」は昨年から今年の初めにかけてスケールを変えながら地方巡業させていただきました。
東京以外ですと岡山と広島を巡回させていただきましたが、どちらのお客様もとても感度がよく、手仕事にたいする深い理解と興味を感じましたし、こちらもとてもやり甲斐のある巡業でございました。
また今年もお誘いいただければ、タイミングさえ合えば何処へでも伺いますのでお声掛けください。

そしていつも「年年歳歳」のメンバーとして一緒に活動してくれるメンバーに改めて感謝します!
今年もよろしくお願いします!!

Special thanks to;

OKKO YOKKO(イランの靴下)/ 吉田慎司(中津箒)/ CUCU(アクセサリー)/ うつわやsummer(陶器)/ コナヤ+ミッシェル(箱と中身)/HaoChi Books(台湾雑貨)/MicroWorks(傘と瓶)/TSUYOSHI SASAKI(木工)/民芸かりん(注連飾り)/LITMUS(藍染)/ RELIEUR(しめ飾りのブローチ)/ emi(アイシングクッキー)/やまくに(いりこ)/可笑しなお菓子屋kinaco(シュトーレン) ミスミノリコ「はじめてのダーニング・ワークショップ」/ 常田朝子「金継ワークショップ」/ Cui Cui「お正月飾りワークショップ」


Index of all entries

Home

Tag Cloud
Search
Links
Feeds

Return to page top